好評発売中!!

7月4日号

表紙

トップレポート

トップレポート

混沌が深まり、不確実性が広がる今日的状況にあって、そこをしっかり生き抜くための経営の仕組みづくり、型(ビジネスモデル)づくりをどう進めるか──。「謙虚に、道を究めるのが日本の強み。型が決まっている時代は強さを発揮できるが、今は型がぶれている状況」とアクセンチュア会長・程 近智氏。肝腎の『型』をどうつくっていくか?

■本誌主幹 村田 博文

最新号注目記事

国内損保首位を踏み台に生保、介護、さらに海外事業をどう拡大?
海外企業を約7000億円で買収 SOMPO HD・櫻田謙悟の
「保険事業の主役は人」論

「損保の資本は『人』」と力を込める、SOMPOホールディングスグループCEOの櫻田氏。海外企業を約7000億円で買収したSOMPOだが、相手先のCEOとの対話、そして買収の責任者など、「人」との出会いが大きな要因となった。近年はAI(人工知能)の高度化で「人」の役割が見つめ直されているが、「共生するはず」と櫻田氏。新しいビジネスモデルを追求する櫻田。「人」を軸にした、これからの損保の姿とは──。

最新号注目記事

資金繰り、技術流出、国家安全保障の3つの課題を抱えながら売却先決定へ──
米ブロードコムか、日米連合か
東芝半導体売却劇は6月末がリミット

米半導体メーカーのブロードコムか、官民ファンド・産業革新機構を巻き込んでの日米連合か──。東芝再建のカギを握る半導体事業の売却先決定が大詰めを迎えている。半導体を共同生産する米ウエスタンデジタルが売却反対を主張しており流動的な要素はあるが、いずれにせよ再建はこの6月の売却先決定が大前提。土壇場に来て関係者の動きも急だ。

今月掲載のトップの方々

アクセンチュア会長
程 近智
経営共創基盤CEO
冨山 和彦
SOMPO HD
櫻田 謙悟
経済産業研究所理事長
中島 厚志
信越化学工業会長
金川 千尋
ロードマップCISO
守井 浩司
タリーズコーヒージャパン会長
荻田 築
了德寺大学理事長
了德寺 健二
旅工房会長兼社長
高山 泰仁
テモナ社長
佐川 隼人
光陽ホールディングス会長兼CEO
川路 耕一
光陽物産会長兼CEO
荘司 紀夫
東京脳神経センター理事長
松井 孝嘉
帝人会長
大八木 成男
南武社長
野村 伯英
南武会長
野村 和史
南武取締役
野村 正樹
アンブローズアンドカンパニー社長
堀内 信之
白金工房会長、創業者
堀内 利之
生団連会長(ゼンショーホールディングス会長兼社長)
小川 賢太郎
ダイハツ工業社長
奥平 総一郎
ベネフィット・ワン社長
白石 徳生
財界7月4日号目次